コンビニ冷凍食品を利用して、景色を眺めながらの昼食はいかが?

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク

ドライブやツーリング中の昼食は、皆さんどうしていますか?その土地の名産や人気のお店などに行くのも楽しいですよね。ですが海を眺めながら、お気に入りの風景を眺めながら、屋外の空気を感じながらの食事も格別です。それを手軽にかなえてくれるのが、コンビニで販売している冷凍食品なのです。

ただコンビニで昼食を買うと言ったら、普通に弁当やおにぎり、パンとなりますが、以前の記事で紹介したコーヒーセットを持っていれば、選択肢を増やすことができます。

おススメなのは、コンビニの冷凍食品コーナーにある、鍋焼きうどんなどの火にかけるだけで出来上がる鍋物です。

特にバイクツーリングでのメリットとしては、

  • コンビニで販売されているので、入手しやすい。
  • 飲食店で食べることを考えると安い。
  • 食材や調味料を用意する必要が無い。
  • 調理がかんたん。
  • 調理に水が不要。
  • 容器もついているので、煮る為のクッカーがいらない。
  • 食事後のごみが嵩張らない。

唯一のデメリットは、バーナーを用意する必要があることぐらいですが、コーヒーセットを持っている方なら選択肢がひとつ増えるだけでデメリットはありませんよね。

                                            
おススメの冷凍鍋

筆者のおススメは、ファミリーマートの「牛すき焼き鍋(うどん入り)」です。

お湯・水いらずで、ひとり分のすき焼き鍋が簡単に出来るとネットでも評判の商品ですが、手軽に本格的な味が楽しめるのです。お気に入りの場所で温かいお鍋を頂けるだけでもありがたいのに、たっぷりの牛肉と白菜やネギなどの野菜、コシのあるうどんが入った食べごたえのある鍋焼で本当にうまい!

価格は548円(税込)と冷凍食品としては少しお高めですが、コンビニでの販売で入手が容易と考えれば致し方ないところ。ちなみにカロリーは561kcalとなっています。

作り方は蓋を外して火にかけるだけですが、容器が焼き切れる恐れがあるのでひつ、最初の3分は弱火で加熱する必要があります。筆者はアルコールバーナーを使用しましたが、火力の強いバーナーの場合は、くれぐれも注意してくださいね。

火力調整ができるバーナーであれば、3分後からは火力を上げて煮立つまで加熱するだけで出来上がり。

テーブルのある所では、皿を置いて食べればいいのですが、手に持って食べる時は熱くなっているのでタオルなどを用意しておく方が良いでしょう。それと購入時にお箸をもらい忘れないように注意しましょう。

食後に出るゴミは、鍋と箸だけなので折りたたんだらコンパクトになるので持ち帰りやすいです。

寒い時期には、冷凍食品を購入してから少々時間が経っても溶けませんし、手軽に暖かい食べ物を頂く方法の一つとして、冷凍鍋を紹介しましたがいかがだったでしょうか?ラーツー(ラーメンツーリング)をされている方も多いかもしれませんが、たまには趣向を変えてみても良いかもしれませんよ。一度試してみて下さいね。

                  

コメント

タイトルとURLをコピーしました