トヨタ純正ナビのパスワードロックを無料で解除する方法

スポンサーリンク
自動車整備
スポンサーリンク

トヨタやダイハツ車に採用されているセキュリティロック付きの純正ナビは、バックアップ電力が失われるとパスワードの入力を求められます。そこでパスワードが分からない場合のロックの解除を無料でできる方法を解説します。

パスワードロックの解除手順

セキュリティロックが掛かってしまったナビゲーションのロック解除するためのパスワードを「忘れてしまった。」または「中古での購入なのでわからない」といったこともよくある話です。本来は、パスワードを忘れてしまった場合は、ディーラーに持ち込み解除してもらう必要があり、費用も手間もかかりますので、自分でロックを解除する方法を解説します。

ERCコード(16桁)を調べる

セキュリティロックを解除するには、まず最初に「ERCコード」と呼ばれる16桁のコードを調べる必要があります。

サービスマンモードの入り方

  • メニューボタンを長押しして「画質調整画面」に切り替える。
  • 画質調整画面で、左端にある小さい「や」と「つ」の少し左側を上「ゃ」→「っ」の順に交互に3回ずつ押す。
  • 「サービス検査」画面が表示される

「サービス検査」画面の「サービス情報」を選択。

「サービス情報」画面で「セキュリティ解除コード入力」を選択すると「ERC入力」画面が表示されます。

「ERC入力画面」の「解除コード」欄に表示されているのが16桁のERCコードです。

右隣りの「入力コード」に16桁から8桁に変換したERCコードを入力するとセキュリティロックが解除されます。

ERCコード変換(16桁→8桁)

ERCコードを変換するには、パソコンに「MAFON CALCULATOR」をダウンロードし変換作業をします。

本来は、WEBサイトが表示されますがロシア語で記載されており、どれをダウンロードすればよいのか、わかりにくいので直接 Zip ファイルがダウンロードできるようにリンクしています。

MAFON CALCULATOR (サイト内リンク)

ダウンロードしたら、Zipファイルを解凍しMafon calculator.exe を開くと「Toyota ERC calculator」が起動します。

  • 上段にカーナビで取得した16桁のERCコードを入力
  • 下の左側のボタンをクリック
  • 中断に16桁から変換された8桁のERCコードが表示されます。

8桁ERCコード入力

ナビゲーションの「ERC入力画面」を開き、「入力コード」欄に、8桁ERCコードを入力→完了でナビが立ち上がります。

今回の説明で使用した車両は、平成28年5月登録のマークX(GRX130)に装着されていた「NSCP-W64」で説明しましたが、ナビゲーションの型式によりボタンの形状や表示の仕方などの違いはありますが操作方法は基本的に同じです。

無料でERCコードを変換するには、紹介したアプリを使う必要がありますが、ロシアのサイトですので安全性は保障できません。自己責任でダウンロードしてください。少しでも不安を感じる方は、費用が1000円ほどかかりますが、スマホアプリなどを検索すれば「ERC」関連のアプリが見つかりますので検索してみてください。

                       

コメント

  1. G's より:

    現在はディーラーに行けば無料でやってくれますよ?

    • wanin より:

      そうなんですか?ディーラーさんは基本予約制なので、すぐには作業してもらえないかもしれませんが助かりますね。貴重な情報ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました