[燃料添加剤]PITWORK F-PremiumとF-ZEROの違いとは?

スポンサーリンク
自動車整備
スポンサーリンク

PITWORKのF-ZERO「エフゼロ」は、フューエルワンのOEMですが、 F-Premium「エフプレミアム」はモデルチェンジしたフューエルワンではなく、サプライヤーを日本オイルサービスにに変更して販売されているものです。モデルチェンジではなく、併売されている、F-ZERO「エフゼロ」と  F-Premium「エフプレミアム」の違いと使い分けについてついて解説します。

F-Premiumの特徴

エンジンの長期使用によって、デポジットがエンジンの燃料通路等に付着しすることで、燃料の噴霧状態が悪くなり、燃焼が不完全になりますが、 F-Premiumは、燃料タンクに注入するだけで、エンジン内に付着した汚れを洗浄してエンジン性能の回復させます。また燃料の酸化劣化を防止したり、長期間使用しない時などには配管内に水分が残り燃料配管にの錆・腐食が発生を防ぎます。

そして一番大きい違いは、直噴エンジン・アイドリングストップ・ハイブリッドなどで問題になってくる水溶性のデポジットに対応するために特殊洗浄成分として(界面活性剤、グリコール系溶剤)を配合。F-ZEROでは落ちづらかった汚れも洗浄することができるようになったようです。また確実にデポジットの洗浄ができるように専用処方とし、それぞれのメカニズムに対応した成分を配合しています。

製造元も「F-zero」は和光ケミカル(ワコーズ)でしたが、「 F-Premium」日本ケミカル工業(サプライヤーは日本オイルサービス)が製造しています。

以前、記事にしましたが、この日本ケミカル工業は、トヨタと共同で界面活性剤の特許を取得しています。

F-Premiumの成分

F-Premiumのガソリン用は、ポリエーテルアミン(PEA)に新洗浄剤として、界面活性剤とグリコール系溶剤とその他の成分として溶剤により構成されており、その他溶剤の中には、水抜き剤やオクタン価増強剤の成分も含まれているようです。

洗浄剤を主成分から分類すると「水系洗浄剤」と「溶剤系洗浄剤」に分かれますが、「界面活性剤とグリコール系溶剤」の組み合わせでは、両者の中間である「準水系洗浄剤」にあたります。水溶性のデポジットを溶かすために、油溶性であるポリエーテルアミンや溶剤を乳化するもののようです。

F-Premiumの対象車両

F-Premiumは、長期間溜まった水溶性のデポジットを洗浄する事を得意としているので、以下のような車両に適しています。

  • 直噴エンジン
  • ハイブリッド車
  • アイドリングストップ機能付き車
  • DPF装着車(ディーゼル)
  • コモンレール式燃料噴射装置車(ディーゼル)
  • ターボ車
  • 軽自動車

また乗り方や使用状況によっては、使用をお勧めする車両としては、以下のものがあります。

  • 過走行車(5万キロ以上、年間の走行距離が2万キロ以上)
  • 中古車購入で過去に燃料洗浄剤を使用したことがないと思われる車両
  • 短距離走行が多い車
  • 高回転・高負荷での走行をすることが多い

寒冷地域で冬期に不凍軽油を使用しているディーゼル車にも、潤滑保護にもなります。

「F-Premium」と「F-ZERO」の使い分け

F-Premium」と「F-ZERO」は併売されていますが、それぞれをどのような用途で使い分けていけばいいのかというと、水溶性のデポジットの発生しやすい車種かどうかに尽きます。「F-zero」は、ガソリン・ディーゼルの両方に使えます。元は「フューエルワン」ですので、通常のカーボンについては定評のある製品です。ただ水溶性のデポジットは苦手なのです。しかし併売を続けているということは、水溶性のデポジット以外の性能は、F-ZERO「エフゼロ」の方が上だとメーカーも認めている証拠かもしれません。

最後に

F-premium」は、水溶性を含むデポジットに有効ですが、ガソリン・ディーゼルで使い分ける必要があることや、サプライヤーが変わりその効果の程がいかほどなのかは未知数です。価格も少し高めの設定ですので、新型のフューエルワンの方がガソリン・ディーゼルを使い分ける必要もなく、水溶性のデポジットにも対応している上に、効果は定評のあるので使いやすいかもしれませんね。

コメント

  1. 鬼気合 より:

     F-Premiumは効果ありますね。

     定期的に(年1回ほど)F-1入れていましたがカメラがなく撮影はしたことがありませんでした。

     実際にこうして画像で確認すると効果が実感できます。

    • wanin より:

      以前、当方も自分のバイクでシリンダー内を撮影したことがありますが、
      定期的に使用していると綺麗なので、ビフォー/アフターを撮影する事ができませんでした。
      紹介していただいた動画は、車両がスズキのスカイウェイブで使用した添加剤が何かわかりませんが、
      この車両の場合ですと、水溶性デポジットに対応した「F-premiam」ではなく、
      「F-1」や「F-zero」で充分かもしれませんね。
      貴重な動画を紹介していただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました