スポンサーリンク
自動車整備

カムリハイブリッド(AXVH70)補機バッテリーの裏技交換

2019年式のカムリハイブリッド(AXVH70)の補器バッテリーを交換したので、搭載位置と交換方法を紹介する。この車両は、近年増えつつあるEN規格のバッテリーが採用されており、従来のバッテリーとは固定方法が違うものの、交換方法は基本的に同じだが、バックアップの方法と併せて紹介していきたいと思う。
バイク用品

100均の商品をベースに自作したバイク用スマホホルダー。

様々な商品が販売されているので、わざわざ作る必要もないと思うが、作成した当時は気に入ったものが無く、100均の商品を用い自作したバイク用のスマホホルダーだが、使い勝手が思いのほか気に入っており、かれこれ8年ほど使い続けている。参考になるか微妙だが、とりあえず紹介してみたいと思う。
テネレ700

納車後すぐにテネレ700に取付けた用品の紹介

当初は、納車されてからパーツを揃えるつもりだったが、SSTR2022の出走までに納車されそうな雰囲気になって来た時点で最低限のパーツを購入しておいた。何とか間に合ったテレネ700に用意したパーツと前車からの外しておいたパーツを取付けた。SSTR出走直前という事も有、紹介できていなかったので、紹介しておきたいと思う。
スポンサーリンク
カスタム・整備

スズキエブリィバン(DA17V)MT シフトが入りずらい

走行距離43,000キロのスズキエブリィバン(DA17V)のMT車が、シフトが入りずらいとのことだったので、確認してみると、クラッチペダルを踏み込んだ感触に違和感があり、レリーズベアリング周辺の異常が考えられるため、クラッチのオーバーホールを行うことにした。
テネレ700

「不具合」テネレ700が高速道路走行中にスピードメーターがフリーズ

慣らし運転が完了したテネレ700で、高速道路を走行していると突然、スピードメーターのみならず、すべての液晶表示がフリーズしてしまった。帰宅後、調べると同じくヤマハの車両、MT-09SPで同じ現象でリコールが出ていたので、テネレ700もリコールとなる可能性がある。
テネレ700

慣らし運転を兼ねたSSTR2022参戦で感じたテネレ700 ローの印象

SSTR2022の直前に納車されたことから、慣らしを兼ねて参加することになったテネレ700(2022年モデル)だが、この行き帰りのツーリングで1000キロを超え無事慣らし運転を終える事が出来た。そこで、テネレ700ローダウン仕様ついての印象を紹介したいと思う。
ツーリング

SSTR2022の途中で我慢できず訪れた桜橋と旧河野トンネル

SSTR2022への参戦の模様と帰りがてら立ち寄った場所を紹介してきたが、最後にSSTR2022参加中に見かけて、時間的に訪問している時間は無いにも関わらず立ち寄ってしまった赤い鉄橋「桜橋」と「旧河野トンネル」を紹介したいと思う。
ツーリング

SSTR2022参戦帰りの慣らしツーリング:福井 林道 北谷線

SSTR2022帰りがてらツーリングの最後は、福井県南条郡南越前町の菅谷峠へ続く、舗装された林道である「林道 北谷線」を訪ねた。慣れないテレネでの初林道にはおあつらえ向けではないかとの判断だったが、林道走行には少々早すぎたようだ。
ダム・堰堤

SSTR2022参戦帰りの慣らしツーリング:御母衣ダム

白川郷から当てもなく走り出した際、国道沿いに現れた「御母衣ダム(みぼろダム)」に立ち寄った。このダムの堰堤に上がるには、トンネルの途中の洞門部分から脇に逸れる必要があるが特に案内などもなく通り過ぎてしまいやすいので、その辺を中心に紹介したいと思う。
ツーリング

SSTR2022参戦帰りの慣らしツーリング:白川郷

SSTR2022に納車直後のテレネ700で参戦したが、目安である1000キロには、まだ達していない。久しぶりの遠方へのツーリングでもあるので、引き続き慣らし運転をしつつ、気の向くままツーリングをしつつ帰宅方向へ向かうことにした。
タイトルとURLをコピーしました