海の京都【京丹後市・久美浜】かぶと山展望台

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク

久美浜湾にある兜の形をした山、見た目そのものの「かぶと山」には展望デッキと呼ぶほうが相応しい展望台があります。久美浜湾、小天橋、日本海を一望できる素晴らしい景色に出会う事が出来ます。

かぶと山展望台に上がる前に、久美浜公園へ。コロナの影響か駐車場は閉鎖されていますが、道が広いのでどこに止めても邪魔になりません。釣りをしている方たちも適当に停めていますね。

久美浜公園から少し走ると、国道178号線沿いに「久美浜湾パーキング」が出来ていました。こちらの方がかぶと山に近く撮影しやすいですね。

「かぶと山展望台」へ上がる入り口に到着しましたが、「道幅狭し 車での進入はご遠慮してください」と看板が立てられています。

入って行くと、このような道路で、この辺は対向も可能なので問題ありません。

途中にゲート跡の様なものがあります。この先から道が狭くなってきます。

切通に差し掛かると落ち葉の堆積がひどくなってきました。落ち葉の中に落石が潜んでいるので舗装部分を走るようにしましょう。

先程の地点から更に上がると、道路が封鎖されていました。入口にあったものと同じ看板が付けられています。大型バイク2台がここで引き返していきましたが、脇を抜けて上がって行く事が出来ます。

かぶと山園地の案内板が出たら展望台はすぐ先です。

展望台に到着です。自動車が停車できるぐらいのスペースがあります。

久美浜町の兜山は久美浜湾の南東部に位置する、山頂の標高191.7mの孤立した山です。この山は硬くて風化しにくい岩石(流紋岩)でできているため、周囲の浸食から取り残されたものと考えられています。山頂部の展望台からは、久美浜湾や小天橋の姿が一望でき、市内でも有数の景勝地となっています月。久美浜公園から見える綺麗な円錐形の山体は、この地域のランドマークとして親しまれており、毎年8月9日の千日会には南斜面で大文字焼きが行われています。

この看板の設置されている部分は、一段高い所から展望デッキを見渡せるように設置されたミニ展望台?があります。

ミニ展望台からの景色がこちら。デッキを含めた風景を見ることができます。この日はデッキのベンチで家族連れがくつろいでいました。兜山公園の駐車場から歩いて上がってきたのでしょうね。

デッキからの眺め。久美浜湾周辺の色付いた木々と小天橋を見渡すことができます。あいにくの曇り空だったので、日本海の色が出ていませんが晴れている時なら青々とした日本海も一緒に見ることができます。

最後

前回の訪問時

展望台までの道のりの中では切通の所が一番道路状態が悪く、ゲートから先は比較的綺麗な舗装路ですので大型バイクでも上がれます。上がれば素晴らしい景色が待っているのは間違いありませんが、「禁止」ではなく「遠慮」とはいえ、ゲート脇を抜けることについては賛否あると思いますので、自己の判断、自己の責任でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました