「兵庫県・川西市」休日バイク通行禁止の一庫公園へ向かうルート(追記あり)

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク

一庫ダム周辺は、昔に走り屋のマナーの悪さから土日休日は、バイク通行禁止になっており訪れたくても行けないと思っている方も多いと思いますが、一庫ダム展望台や一庫公園へ休日でもバイクで訪れることのできるルートを紹介します。

2022年1月6日 2輪通行規制について追記

土日休日 二輪通行禁止

関西には箕面・六甲・生駒山などもそうですが、二輪の通行禁止がたくさんありますが、規制されている所はライダーにとっては楽しく感じるワインディングです。ただ通行するだけなら規制されることは無かったのかもしれませんが、その区間を走る事を目的として集まってくる「走り屋」と呼ばれるライダーの事故やマナーの悪さから規制されたようです。今回紹介する一庫公園のある一庫ダム周辺も二輪通行規制がかけられていますので、土日が休日のライダーにとって訪れにくい場所となっています。

一庫公園

県立一庫公園は、一庫ダムによってできた「知明湖」に突き出た半島「知明山」にあり、緑の保全を目的として作て作られた公園です。また利用者が自然に親しみながら理解する自然学習の場としても位置づけられていますので、鳥のさえずりなど豊かな自然を感じることができる公園です。

アクセス

阪神高速の池田木部降りた場合、道なりに国道173号線を走ってくることになると思いますが、休日は一庫ダム方面には入れません。

休日の二輪通行禁止の区間は、画像に示している区間です。この区間を避けて一庫公園を目指すことになりますが、一庫公園内は黄色のラインで示しているように一方通行になっていますので「知明さくら橋」の方からは入ることができません。「知明りんどう橋」は二輪通行禁止の区間にあるので渡る事が出来ないので、さらに北側にある橋を渡り公園入口に向かう必要があります。

大阪方面からですと国道173号線の「一の鳥居交差点」を右折し国道477号線に入り、北摂里山街道(県道605号線)で県道106号線に入る以外ルートがありません。

ちなみに国道173号線で一庫ダムを超えてから県道106号線に入るコースだと、東海カントリークラブの入口手前から二輪通行禁止ですので、「笹ヶ谷トンネル」 方面へは行けません。

県道106号線に突き当たると左折方向には二輪通行禁止標識があります。ここを右折するとすぐに現れる「笹ヶ谷トンネル」手前を左方向に入って行き「繩手橋」 を渡り左折します。

道なりに走ると「 知明りんどう橋 」が見えてきます。この橋の袂に一庫公園の入り口ゲートがあります。

一庫公園の入り口に到着です。公園の入り口ゲートの開門時間は9時から17時です。公園内は制限速度は20km/h。

公園内には展望台が設けられています。最初にある高台の展望所。

高台にありますが木が茂っているのでダム方面は見えず、 「 知明りんどう橋 」 方面がが開けています。

次に出てくるのは、ウッドデッキの展望所。こちらからは「一庫ダム」を正面から見ることができます。

道路向かいにはオブジェもあります。

そして駐車場。トイレや自販機も設置されています。

駐車場の奥にも大きな東屋があります。

駐車場を越えると出口ゲートが出てきます。

このゲートは自動で開くようになっていますが、バイクには反応しませんのでゲートの横を通って退出してください。

ゲートを抜けました。

左方向は 「 知明さくら橋 」 です。

「 知明さくら橋 」 を渡って訪る方に向けて公園の入り方を示した標識が設置されていますが、何ともざっくりしたルート表示です。要するに「 知明さくら橋 」 を戻り、国道173号線に出て一庫ダムの上を走る二輪通行禁止区間を走り、 「 知明りんどう橋 」 を渡って入り口ゲートに回るルートを表しているます。

二輪通行禁止区間の中にも展望所がありますが、平日はともかく休日は歩いて行くしかありませんが、ダム横の展望台は行けますので紹介しておきます。

一庫公園出口ゲートを出て、「知明さくら橋」を渡り国道173号線の手前でダム湖沿いに走ると展望台に行くことができます。

展望台から先は二輪通行禁止区間となっていますので、帰りは来た道を戻る事になります。

最後に

一庫公園へのルートと公園の簡単な紹介をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?北摂地域は二輪の通行禁止規制が多く、「終日禁止」「土曜日曜休日禁止」「時間帯による禁止」がありますので、標識を見落とさないように注意してくツーリングをお楽しみください。

追記(2022年1月6日)

先日、一庫ダムの周回路を通行した際、チェリーときわ台コースの入り口付近の「土日休 二輪通行禁止」の標識が無くなっているような気がしたので、見落としたのか規制が解除されたのか疑問に思い、管轄である川西警察署に問い合わせてみた所、「標識がどうなっているかはわからないが、規制はかいじょされていない」とのことでした。

しかし、近隣住民などの要望から規制を解除する方向だそうです。県境なので大阪府とも協議して今年中の規制解除を目指しているとのことでしたので、一庫ダムまでの周遊路全線の二輪規制を解除するようです。

もともとローリング族対策として掛けられた規制ですので、無茶な運転で事故などが増えてると再度、規制される可能性もあることを肝に銘じておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました