ホンダの新車のバイクが受注停止中! 店頭在庫を探せ!

スポンサーリンク
CRF250L(MD47)
スポンサーリンク

レブル1100の予約をキャンセルし、乗換えの候補として「CRF250L」を考えていますが、新型コロナの影響により。ホンダが受注停止しているようです。その為、250cc以下のバイクを早く乗り出すには、店頭在庫を探すしかなさそうです。そこで納期や購入時に気を付けたい点について解説します。

メーカーアナウンス

ホンダモーターサイクルジャパンのホームページ上で納期の遅延についてアナウンスしていますが、部品入荷の遅延、海上輸送・港湾の混雑等により生産や物流遅延がおきて新車の納期が長くなっている現状のようです。

レブル1100も6月の発注で「今年中は無理」と言われていたのに、8月5日に遅延のアナウンスがされるということは、更に納期が延びるということを示唆しているのでしょう。

Honda二輪車のお届け遅延のお詫びとお知らせ

遅延が顕著なのがタイ生産の車両のようですが、他の工場で生産する車両であっても、パーツの供給の遅れから影響が出ているようです。

受注ストップ

CRF250Lの生産国はタイですので、 「海上輸送・港湾の混雑等 」が遅延の原因かと思っていましたが、2021年8月現在、メーカーが受注をストップしているようです。受注再開は今年の12月頃か来年1月頃になると言われているようです。

もともと日本の市場規模が小さいことから、割り当てが後回しにされてきていたところに、「コンテナ不足」 ・「海上輸送・港湾の混雑等 」 に加え、タイでの感染拡大でメーカーが危機感を抱き受注をストップしたようです。

納期の見通し

受注の再開がいつか気になる所ですが、聞くところによると年間販売台数をメーカーと決めてバイクを卸してもらっているバイクショップは、買い手がなくとも定期的にメーカーと契約した新車が入ってくるようですが、そうではなく買い手からの注文があってからメーカーに発注した場合では、受注が再開されるであろうと言われている12月か来年1月頃の注文となり、納期は、そこから約1年程かかる見通しとのこと。

在庫車を探す

ホンダの新車を購入するには以下の販売店で在庫車を探すか、予約を入れて順番を待つかになります。

  • ホンダドリーム(全排気量車種取り扱い)
  • ホンダコミューター店(250cc以下の車種の取り扱い)

販売網の再編後、ホンダの新車は、250㏄以上のバイクはドリーム店でしか取扱い出来なくなっています。そのため予約を入れて待つ以外方法が無いのですが、CRF250Lのような250cc以下の車両はホンダコミューター店と呼ばれる街のバイク屋さんでも購入することができます。

HONDA DREAM 買取システム

「1年以上待ってられない!」とお考えの方は、このドリーム店かコミューター店で新車在庫を見つけるしかありません。250cc以上のバイクの予約を入れている方でも、繋ぎとして250cc以下のバイクを乗って予約車が納車される際に下取りや売却という方法もアリかもしれません。

また、ドリーム店で上手く在庫車を見つけれた場合は、12ヵ月以内(5,000km以下)最大70%、24ヵ月以内(10,000km以内)最大60%で下取りをしてくれる買取システムがありますので、活用してみても良いかもしれません。必ず下取りに入れなければいけないシステムではないので、買取店の方が高い買い取り額なら、そちらに売却する事も可能です。

HONDA DREAM 買取システム

購入時の注意

新車が入手困難な状況から中古車の価格も高騰しており、「レブル250」では、新車定価 599,500円に対して中古車を80万以上で販売している所もあるそうです。「CT125・ハンターカブ」に至っては、5万円分の用品を付けただけで、車両価格に15万円上乗せして販売しているお店もあるそうなので、よく吟味して購入を決めたいところです。

今回お話を伺ったお店には、「レブル250」も 「CT125・ハンターカブ」 の新車が展示されていましたので、250cc以下のバイクに関しては、探せば入手することができそうです。近くに販売店が無かったとしても配送料は掛かりますが、焦らなくても入手できそうです。また近隣の場合なら無料で配送してくれることもありますので相談してみましょう。

また車両値引きについては、販売店の方も入荷数が少ないことから「薄利多売」といった販売方法を取ることができないので、通常時に比べると値引き率は下げているとのことです。

最後に

GooBikeなどのサイトで探せば、在庫を持っているお店を探すことができますし、こんな状況だからと言って足元を見る販売店ばかりではありませんので、しっかりと見極めたいところです。また配送を希望する場合は、見積もり時に伝えておきましょう。それも含めたトータルの価格で検討するようにしましょう。

ネットサイトでは、本来はメールでのやり取りが基本となりますが、在庫車を見つけ見積もり内容に納得したら、早い者勝ちですのでメールではなく電話して取り置きしてもらいましょう。出会いは一瞬です!少ないチャンスを是非モノにして、楽しいバイクライフをお送りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました