CRF250 L(MD47 )拡張性あり? アルファスリー スポーツキャリア 取付

スポンサーリンク
CRF250L(MD47)
スポンサーリンク

キャンプツーリングのみならず、あると便利なリヤキャリア。21年式 CRF250L(MD47)に「アルファスリー スポーツキャリア」 を選びました。一体式のキャリアが多い中で天板をボルトで固定しているので、拡張性がありそうな構造が気に入りました。その理由と取り付け方を説明します。

 

アルファスリー スポーツキャリア

価格は高めですが MD47専用の「アルファスリー スポーツキャリア 」を選びました。MD38/44不適合ですのでご注意ください

新型CRF250Lは、全モデルと比べ軽量化が売りですので、その点を損なう事のないように設計されたようです。そのため、フレームには最強のアルミ材である A7N01を採用しており軽量でありながら強度も確保しているようです。

この「 A7N01 」は超超ジュラルミンと呼ばれ、溶接できるアルミの中では最強の素材のようです。

また表面処理には、フレーム部にカチオン電着塗装+パウダーコートが採用されているので塗装ハゲの心配はなさそうな点もうれしい所です。天板はブラックアルマイト仕様となっています。また、カラーはアルミ製、フックやキャリアの固定用のボルト類はステンレス製が使われているので錆の心配もなさそうです。

 ちなみにメーカーの画像では、ラジアルフックが付いていますが、これは別売りになっており、通常はただのキャップボルトです。見た目的に良い感じですので、欲しい方は忘れずに発注するようにして下さい。

選定理由

テールのラインに沿ったキャリアが良いように思いましたが、そのようなデザインのものは積載部分の幅が狭く大きな荷物を積載するのには向いていないので、耐荷重や重さ及びデザインを総合して、「アルファスリー スポーツキャリア 」を選んだのですが、最大の決め手は天板がボルト止めされていることです。

このボルト穴を利用しすれば、大きな荷物を積載する際にキャリア上の天板面積をを広げることができそうです。

タナックス グランドシートバッグ

天板の面積拡張の一番の目的は、キャンプツーリングの際に使用している「タナックス グランドシートバッグ」の土台となるボトムベースを取り付ける事です。

本来は商品名にもある通り、付属のボトムベースをシートにバンドを巻き付けて使用する事を前提に造られています。

しかし、このボトムベースをリヤキャリア上にバンドで固定しようとしても滑ってしまい安定感が悪いのです。そのためリヤキャリアでの使用では ボトムベース を使わずグランドシートバッグをそのまま載せて使うことになりますが、 ポリカーボネートと金属のキャリアでは摩擦が少なく滑りやすいです。またボトムベース 上に取り付けられた突起が、シートバッグに設けられているの窪みに嵌りズレを防止する構造になっている為、ケース内にも突起部分が飛び出しており少し面積が犠牲になっており、この構造を生かさないと、ただ邪魔な突起となってしまう事あり、何としてでも、この構造を生かしたいのです。

前車であるNC750Xの時は 、自作のボトムベースを作成し 、純正リヤキャリアの穴を利用して固定しておくことで、格段に安定性が向上しますし、ボトムベースを固定されていますので積載の位置決めも容易になるといったメリットがあります。

「タナックス グランドシートバッグ 」自体について触れておくと、このバッグ価格は少々お高いのが難点ですが、上部はバッグ、下部はポリカーボネート製のケースとなっています。ツーリングバッグは、雨が降った際にはレインカバーを使うのが一般的ですが、上から被せているだけなので被っていない底部分から雨水が浸透してしまうのですが、このバッグは底部分がポリカーボネートなので浸透することがありません。またテントの設営後、風呂や買い物に出かける際は下部のみの状態で走れるのでトップケース的な使い方もできるので気に入っています。

アルファスリー スポーツキャリア 取付

ボルトを4か所外して、キャリアを付けるだけなので、作業自体は難しいものではないです。

説明書には記載されていませんが、6㎜のキャップボルトとナットを組み合わせてラゲッジフック(荷掛けフック)になります。この部分を先にキャリアに付けておく方が効率的です。先に取り付けておきましょう。ナットの位置を変更する事でラゲッジフックの長さを調整する事が出来ます。

取り付け終わったら、キャリアにナットを締めて固定するのを忘れずに!

それでは、キャリアを取付けていきますが、キャリアに付属している38mmと19mmのカラーと共に純正の段付きカラーを共締めするのを忘れないようにしましょう。画像は後ろ側の段付きカラー(黒)ですが、前側の段付きカラー(シルバー)も使用します。

説明書に「キャリアの取付穴とボルト径が同じに作られているので多少きつめになっています。」とありますが、キャリアの取付穴にボルトが、すんなり通りません。恐らく取付穴とボルトの穴が同じ径なのではなく、塗膜の厚み分取付穴が小さくなっているからだと思いますので、少し塗膜を落としてからの方が作業しやすいかもしれません。

特に前側(シート側)は、キャリアのボルト穴が融通が効かないこと、シート、サイドカウル、純正の段付きカラー、キャリアのカラーを一緒に止めなければなりませんので、作業がしにくいかもしれませんが、無理に締めてフレーム側のネジ穴を痛めないように注意して作業を行ってください。

4本ともしっかりと締め付けたら作業は完了です。

キャンプツーリングに出かける際には、アルファスリー スポーツキャリアの天板部分を利用して タナックス グランドシートバッグ が積載できるように手を加えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました