「兵庫・洲本市」最高の眺望!柏原山森林公園の展望台

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク

「旧鐘紡工場跡赤レンガ倉庫」を出て、今度は見晴らしの良いところを目指し、柏原山を登ってみることにした。道が荒れている区間もあったが、最高の風景を望むことができる展望台を見つけることができたので、そんな苦労も吹っ飛んだ。

洲本市街から、県道481号線を経由して柏原山の北側から登って行くが、所々落ち葉や落石があるものの比較的走りやすい道を6キロほど走ると「柏原山 森林公園展望台」が現れる。

道路沿いに東屋やトイレも設置されている。

この案内図は展望台の少し手前に立てられていたものだが、これによると「柏原山北展望台」へと道が続いている。行ってみようと思うが点線で描かれているのが気になる。

右側が登ってきた道路で、左の建物がトイレ。グーグルマップで確認すると車道らしきものが続いている。

しかし、入口付近は綺麗なコンクリート舗装であったが、木の茂っている付近は、こんな有様であった。CRF250Lならいざ知らず、車重のあるVmaxなので慎重に進む。

荒れた道を抜けると、また綺麗なコンクリート舗装となり、すぐその先で行き止まりになった。少し手前、左側にも道が続いていたが、今回は探索していない。

行き止まり右手に階段が見える。

この階段を登ると「柏原山北展望台」が現れる。

立派な展望台。しっかり管理されているようで非常に綺麗。

しかし、肝心の展望台からの眺めは、周辺の木が伸びてしまいイマイチ。

静かな環境だったので、コーヒーを淹れ少し遅い昼食を取った。

「柏原山北展望台出」て「柏原山 森林公園展望台」まで折り返し、今度は南側に進んで行くと、「柏原山森林公園まなびの森」の東屋が出てきた。ここの他に2カ所東屋があるらしい。。

更に南下していくと、次第に道が荒れてきた。

柏原山の南側は、あまり手入れされていないようだ。

荒れた区間を過ぎると路面は綺麗になったが、今度は急な下り坂が続く。綺麗になったとはいえ砂が浮いているので慎重に下って行くが横は切り立った崖になっており、なかなかスリリングだ。

道なりに下っていると突然パッと正面が開けた所に東屋が見えた。近づくと展望台と書かれていた。

シンプルだが、青い海と青い空が広がる最高の眺める上に、柵など邪魔なものが映り込まない非常に良いロケーションだ。

ここから先は少し下って行くと、県道26号線(南淡路水仙ライン)に抜けるので、淡路島周遊ツーリングの最中でも、すぐに最高の景色を味わう事が出来るので、是非ともお勧めしたい。路面状態は良いが、細く曲がりくねった道を走るので、その点だけは注意していただきたい。

悔やまれるのは、途中に「柏原山フライトパーク」の看板を見かけたのに立ち寄らなかったこと。パラグライダーが飛び出す場所なので当たり前だが、後で調べると、ここも開けた眺望が望めるところだったらしい。以前、林道を走っていてゲートが空いていたので入って行くと、その山の上にパラグライダーの施設があり、関係者に叱られたのを思い出し、つい見送ってしまったことに悔いが残る。「柏原山森林公園まなびの森」の探索も含め再訪することになると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました