「淡路島」必見の価値あり!中田地区の素掘り隧道

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク

バイクツーリングで淡路島と言えば、海沿いをぐるっと回るのが定番どなっている。前回紹介の絵島と大和島の横を通っているのに、なかなか立ち寄れずにいたのも、淡路島に上陸して、あまりにもすぐにあるため、上陸の喜びのあまり勢い余って通り過ぎてしまうのだ。今回は趣向を変えて、淡路島の山側の探索を目的としている。その一番のメイン「中田地区の素掘り隧道」を訪ねた。

絵島・大和島から、中田地区へ移動する際に、国道28号線を海沿いに南下していると、淡路島名物?の観音像の横を通った。正式には、「世界平和大観音像」というらしいが、2021年6月から解体工事に着手したらしく、足場が組まれその姿は見えなくなっていた。

さらに、国道28号線を南下し、「志筑交差点」を右折し、志筑郡家線(県道88号線)から、木曽上中田線(県道467号線)に入、1.5キロほど走った道路沿いに中田地区の素掘り隧道が存在している。

中田地区の素掘り隧道の場所

この隧道も「絵島」や「大和島」の隧道と同じ砂岩でできた地層のようで、幾重にも重ねられた独特のストライプ模様が、何とも印象的。隧道の上は竹林となっており、赤茶けた隧道と竹の色鮮やかなグリーンとのコントラストが素晴らしい。

隧道内部から県道側を見る。砂岩は崩れやすく、手で触るとポロポロと砂が落ちるぐらい柔らかい。

隧道入口付近は、伸びた竹の根が露出している。

入り口横に数字の様なものがみてとれるが、彫られているのではなく、文字の様なものが浮き出ているのが不思議だ。

隧道の反対側には、集落が見える。

出入り口には、石が並べられている。坂になっているので、こうしておかないと地面が削れてしまうのだろう。

隧道を抜けた先は綺麗なコンクリート舗装になっている。もっと戸数がある集落だと思っていたが、隧道内から見えていた二軒のみのようだ。

こちら側は、上部が大きく張り出した形状をしており迫力がある。

脇には、「薄木池」の看板。通常は、池の畔に設置されているようだが、池は見当たらない。探索してみたかったが、住居の方へまっすぐ進んでいるので、遠慮した。

県道側に戻り、こうして見上げるように見てみると、現在の隧道部分から県道側に放射状に広がっている。もろい岩石である砂岩に掘られた、この隧道は、完成当初はもっと県道寄りに入口があったものが、長い年月を掛け風化した結果、天井部分は崩れ幅も広がりっていったことにより、次第に隧道の全長が短くなっているのではないかと推察される。

しかし、そのおかげで狭い県道沿いに存在しているのにもかかわらず、バイクを駐車しても通行の妨げにならないのは非常にありがたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました