XF27mmF2.8 R WRレンズフード専用キャップを紛失 、思わぬものがキャップ代わりになる

スポンサーリンク
カメラ
スポンサーリンク

XF27mmF2.8 R WR専用レンズフード「 F LH-XF27」を使用していますが、一緒に購入した専用レンズキャップ「 F LHCP-27」を紛失してしまいましたが思わぬものが、キャップ代わりになったので紹介したいと思います。

専用のレンズキャップは、「FUJIFILM」のロゴが入っていますし、クラッシックな雰囲気が出ているので当初は再度、購入するつもりでいました。

しかし、柔軟性のあるプラスチック製で、チープな感じの被せ式のキャップを買い直すのに抵抗を感じてきました。

XF27mmF2.8 R WR専用レンズフード「 F LH-XF27」 は、フジツボ型なので、カメラバッグにキャップなしで放り込んでおいてもレンズ面に傷が付くリスクは少ないので、そのまま使おうかとも思いましたが、埃が気になるので何かしらでキャップを代用すべく、ゴソゴソと物色しているとありました。

表面はこんな感じで味気のないキャップな上に、色が白というのがかなりのマイナスポイントですが、どうせカメラバッグの中に入れている時しかキャップしないので問題ありません。

裏面はこんな感じです。リブが12本付いています。

F LHCP-27の裏面はこんな感じで、リブは8本ですね。

このキャップを 専用レンズフード「 F LH-XF27」 に付けてみると、こんな感じになります。専用レンズキャップ「 F LHCP-27」は、付け初めは脱着がしにくいほど硬さを感じますが、次第に緩くなりなくしてしまった訳ですが、こちらのキャップの方はリブの本数が多いせいか、初めから節度感が良好で使いやすいです。難点は専用の物に比べ少し高さがあることです。

このキャップの正体が何かと言うと、フジノンレンズ「 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」に付いていた、レンズのリヤキャップなのです。XFレンズでは、通常のレンズキャップが付いていますが、価格を抑えたレンズである 「 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」 のリヤキャップはこのようなものが付いてきていました。そのためXF27mm専用レンズフードの場合、フード側にもマウント側にも取り付ける事ができます。

最後に

「 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」 の純正のリヤキャップを 専用レンズフード「 F LH-XF27」 専用のレンズキャップ 「 F LHCP-27」 の代わりに使うというものですが、XCレンズなんて持っていないという方には使えない方法ですが、「 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ 」は、写りが良い上に軽く近接撮影も得意という、非常に使い勝手の良いレンズですので、XF27mmF2.8とセットで持ち出せば撮影の幅が広がる事は間違いありません。リヤキャップ目的で購入するのは現実的ではありませんが、 「 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」 を使って見ても良いと思える方には、NEWレンズが入手できる上にキャプも手に入るという一挙両得?な方法ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました