CRF250LのリヤタイヤをIRC GP-22に交換、ついでにカブプロもタイヤ交換

スポンサーリンク
CRF250L(MD47)
スポンサーリンク

CRF250L(MD47)の次期タイヤ選び」タイヤの銘柄選びに悩んでいたCRF250Lのリヤタイヤだが、結局「IRC GP-22」にした。前後の銘柄を合わしておきたかったのと使用感が気に入っていたからだ。また、CRF250Lのタイヤ交換後にタイヤレバーを新調したので、カブプロのリヤタイヤも交換することにした。

ホイールを取り外し。タイヤの入れ替えはタイヤ屋さんにお願いすることにした。

取り外したホイール。まだ山が残っているので舗装路ならまだ行けそう。

タイヤ屋さんでもホイールの脱着もやってくれるが、立て込んでると、長く待たされることになりそうだったで、ホイールを外して持ち込んだ。案の定立て込んでいたので、「交換しといて~」と言って置いてきた。そうすれば向こうも慌てなくて済むし、こちらも時間が無駄がない。工賃は1000円ほど。

新車から半年ちょい。初めての交換なので、チューブとリムバンドは交換せず。

早速、組付けてみたが、押し歩いただけでリヤタイヤからゴツゴツ感がする。

フロントは、まだ山があるので次回リヤタイヤを交換するタイミングで一緒に帰れば交換すれば良さそう。

橋ってもゴツゴツ感を感じる。そしてよく曲がる。やっぱり新しいタイヤは良い。次のツーリングが楽しみだ。

後日、東洋精器工業(TSK) MCL-45モーターサイクル用タイヤレバーを購入した。現在使っているレバーは、昔からあるレバーで、今まではこれを使っていたが使いにくいので、タイヤ屋さんにお任せしたのだが、工賃が1000円ほどなので交換の時は任しても良いのかなとは思ったりもするが、チューブ入りタイヤはパンクがあるので、レバーを新調した。

今回、東洋精器工業のレバーを購入したが、大手工具メーカーの京都機械工具(KTC)からも同じようなレバーが発売されているようだ。こちらの方が価格が安いので、こちらの方が良かったかな?と思ったりもする。

レバーが到着したら、使いたくて仕方がなくなり、カブプロのリヤタイヤを交換することにした。勢いに任せて外してしまったので作業途中の画像は無いが、使い勝手は非常に良かった。

前回、リヤタイヤをフロントに付け、リヤタイヤのみ、旧ハンターカブの純正タイヤである「IRC 3R」に交換していたが、パターンがおとなしく迫力が欠けてしまっていた。かといって、すぐに入れ替えるのはもったいないので我慢していたが、ちょうど減って来ていたので良いタイミングだった。

今回入れるタイヤは、保管していた「IRC TR-1」の2.75-17。本当は新品が良いのだが、このサイズがカタログ落ちしてしまい、新品が入手できないのである。

前回のタイヤ交換の際に、リムを1.40→1.85に交換しているのでタイヤが張り気味。次回は太めのタイヤにしようかな。

この「IRC TR-1」は非常に気に入っているが、「グルーピング」が施された道路に弱いのが難点。CRF250Lの純正タイヤ「GP-22」はその影響も少なく万能なタイヤなので、カブもGP-22が無難かも。

CRF250Lは、今のところ次の交換候補としては、ブリジスとンのAX41かアナキーワイルドの予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました