水抜き剤って必要?ガソリン添加剤でいいんじゃないの?

スポンサーリンク
バイク
スポンサーリンク

ガソリンスタンドで、よく進められる「水抜き剤」ですが、本当に必要なのでしょうか?私は、新車購入後、初めての給油で水抜き剤の必要性を力説されたことがあります。元スタンドでバイトしていた方によると、「バイト代に販売代金の一部が歩合でつくので、薦めてていただけ」「聞いた説明をそのまま言っていた」そうです。

そんな水抜き剤ですが、セルフ式のガソリンスタンドの普及したためか、薦められる事もなくなりました。単に売り上げを上げるだけの商品なのか?それとも本当は入れておくべきなのか?ガソリン添加剤の中には、水抜き剤などの成分も含まれているのでそれで充分なのかを検証していきます。

水抜き剤とは

通常、ガソリンと水は混ざることはなく、燃料タンク内で分離した状態のままで比重の重い水はタンクの底に沈み錆を発生させます。水抜き剤の主成分であるイソプロピルアルコールは、水分とも油脂とも親和性をもっており、水と油を混合させ燃料と共にエンジン内で燃焼させ水分を除去するのを助けます。

ソプロピルアルコールは、部品の脱脂、塗料などの溶剤や剥離剤、皮脂などの油汚れの除去、ガラスやレンズの清掃などに使用されています。

水抜き剤がなぜ必要なのか?

簡単に言うと、ガソリンタンクの中の燃料が消費され、できた空間の湿気が原因で結露を起こす。この結露した水分によって、ガソリンタンクやフューエルラインなどが錆びてしまうことがあり、その錆により、フューエルポンプのフィルターの目詰まりを引き起こしエンジン不調や最悪、始動不能に陥る可能性があります。

これはバイクの燃料計のセンサー取付部ですが、自動車も同じようなものです。

現在販売されている自動車やバイクでも必要なのか?

しかし現在発売されている自動車やバイクは、電子制御のインジェクション化されているものがほとんどでキャブに比べて気密性が高く、さらに樹脂製のガソリンタンクが採用されている車種も増えてきています。フューエルポンプもユニット化されポンプモーター以外の部分は樹脂製になっていますので、金属部分はどんどん減少しています。また金属製のタンクを採用している車種であってもコーテイングが施され錆びにくくなっており、水抜き剤の必要性はかなり低くなってきています。

年式の古い自動車やバイクは?

年式の古い自動車やバイクの場合は、金属でできたパーツが多い分、水分の混入による錆のリスクは高まります。タンク内で発生した細かい錆びはフィルターをすり抜け、キャブの中やインジェクターにも錆が回り目詰を起こすので予防しておく方がいいかもしれません。

水抜き剤の使用頻度

給油のたびに入れる必要などなく、春先の寒暖差の大きい時期や梅雨時期など結露が発生しやすい時期に入れるぐらいでいいと思います。

添加量は、ガソリンに対して3~5%程度の割合となっています。99%がアルコール成分となっていますので入れすぎは、エンジンの燃焼を妨げるばかりか、シールなどのゴムパーツを傷めることになりますので、規定量をしっかり守りましょう。

燃料添加剤

有名なところでは、ワコーズのフューエルワンやそのOEMのPITWORK F-Zeroなどがありますが、フューエルワンは、防錆成分を配合していますが、F-ZEROの方は、防錆成分をフューエルワンから抜いたものになっており防錆効果がりません。

フューエルワンは、自動車・バイク用として販売しているのに対し、F-Zeroの方は日産が自動車用として販売しています。これは自動車メーカーは、自動車のタンク内の錆びについて考慮する必要がないことを表しています。反面、フューエルワンはバイクのタンクも考慮しているので、防錆効果を持たせているのではないかと推測できます。

最後に

ある程度の年数が経過した車種なら錆びによるトラブルを警戒するべきですし、新しい車種のお乗りでも燃料系のパーツが、すべて樹脂に置き換わっているわけではないので、心配なら水抜き剤を入れておくと安心でしょう。

また、常に燃料を半分しか給油しない方は、燃料タンクに空間がある状態です。結露が発生リスクが高まると共に錆の発生リスクも高まります。定期的に水抜き剤を入れるのが良いと思われます。

ただ言えるのは使用環境や構成部品などにより錆の発生条件が違い、判断が難しいということ。それならば、水抜き剤よりもカーボンや水溶性のデポジットも除去してくれて、防錆効果も併せ持つガソリン添加剤を使用すれば一石二鳥ではないかということ。これなら新しい・古いも関係なく自働車、バイク、ガソリン、ディーゼルを問わず使えますので、防錆成分が配合されたガソリン添加剤お勧めします。

各社から燃料の添加剤が発売されていますが、中でもワコーズのフューエルワンは安心してお勧めできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました