トロッコ亀岡駅駐車場脇にあるレンガ造りの橋梁

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク

トロッコ亀岡駅を利用する際、駐車場が用意されていますが、その脇に山陰本線をくぐるレンガ造りの橋梁があるのですが、駐車場から駅に向かう反対側になりますし、徒歩で馬堀駅に向かうにしてもわかりにくいので素通りしていく方がほとんどで、その存在に気付かない方が多いようです。

徒歩の場合、最寄り駅である馬堀駅を利用することになりますが、トロッコ亀岡駅から馬堀駅までは線路沿いを歩いて行きますが、その線路沿いにあるのですが、パッと見はコンクリート製のどこでもありそうな橋梁なので気が付かないと思います。

橋りょうををくぐると中にレンガ造りの橋梁が見えます。

反対側に抜けると立派なレンガ造りの橋梁を見ることができます。

橋梁名は「さんいん-043」なのかな?

初めはレンガが白くペイントされていたので、残念な気持ちでいましたが写真を撮ってみたら意外と悪くない感じがします。隠れインスタ映えスポットかも?

橋梁内は道路幅狭くなっていますが、タイヤの跡があるので線路向こうにある畑へ軽トラで通り抜けているようですね。

橋梁を上から写したものですが、この撮影している地点は道路が広くなっているので自動車で訪れる際は駐車できるぐらいのスペースがあります。トロッコ亀岡の駐車場は送迎で乗り降りする程度なら無料のようですが、駐車するには料金がかかるようですので、確認してみてください。

私の様なもの好き以外は、わざわざ見に行くことは無いかもしれませんが、トロッコ亀岡駅から馬堀駅の間にありますので、ついでにでも立ち寄ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました