ポリエーテルアミン

スポンサーリンク
バイク用品

カーボン堆積により性能低下! 燃料洗浄剤の必要性

近年、ハイオク指定の自動車やバイクが増えてきている中、「ハイオクガソリンを入れると燃焼室が綺麗になる」と言われてきましたが、それが幻だということが、混合集荷問題で証明されてしまいました。この様な現状では、何らかの方法を用いて燃焼室内を綺麗に保ち、性能を維持することが必要となってきます。気付かないうちにカーボンが堆積し、エンジン不調を引き起こす前に、自分でできる日頃のメンテナンスとして燃料添加剤の使用をお勧めしています。
バイク用品

王者フューエルワンは、モデルチェンジで水溶性デポジットにも対応

直噴エンジンやハイブリッド・アイドリングストップ車が増え水溶性のデポジット(硫酸塩)に対応するために各社から、界面活性剤を配合し水溶性のデポジット(硫酸塩)を落とす製品が販売されています。ですが燃料添加剤としては、定番中の定番である和光ケミカルのフューエルワンは、水溶性のデポジットについては一切触れていません。しかし、調べてみるとモデルチェンジのタイミングで対応しているようですが、その事実は一般的に知られていないようです。 従来の油溶性デポジットには、対応していないと思っていましたが、調べてみたところ水溶性のデポジットにも適合しているようなのです。
バイク用品

燃焼室内の水溶性デポジットを落とすカギは界面活性剤にあり!

ポリエーテルアミン(PEA)やポリイソブデンアミン(PIBA)について油溶性のデポジットについての洗浄効果が認められているが、エンジン仕様、燃料の品質、使用環境の多様化により硫酸塩のように水溶成分を含むデポジットの堆積の増加している。水溶性デポジットを落とすために配合されている界面活性剤についての解説とそれを使用した商品の紹介。
バイク用品

[添加剤]PEAに並ぶ清浄剤、ポリイソブテンアミン(PIBA)

販売されているガソリン添加剤にはポリエーテルアミン(PEA)が配合されており、その洗浄力が認められていますが最近、”PIBA”が配合され「ダブル配合」「ダブル洗浄」を謳う商品が出てきました。しかしPIBA配合と記載されていますが何のことかよくわかりません。特許の中から資料を見つけましたがあまりに理解しずらいのでわかりやすくまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました