野鳥

スポンサーリンク
野鳥

富士 X-T30ボディで、EF400mmF5.6Lとミラーレンズを比較

前回、シグマのレフレック(ミラー)レンズを紹介しました。その中で比較に使用したカメラは、ニコンZ50とX-T30でしたが、今回は、ボディを富士フィルムX-T30に統一して「EF400mmF5.6L USM」と「SIGMA MIRROR-TELEPHOTO 400mm F5.6」を比較してみました。
野鳥

SIGMA MIRROR-TELEPHOTO 400mm F5.6で野鳥撮影

長い間、防湿庫で眠っていた「SIGMA MIRROR-TELEPHOTO 400mm F5.6」を引っ張り出し、野鳥撮影に使用してみました。「こんな古いレンズをいまさら」と思うかもしれませんが、逆に今だからこそ使えるのではないかと思ったからです。その理由と画像を見て頂こうと思います。
野鳥

AF-S 300mm f/4E PF とEF400mmF5.6L USMの画質比較

キャノンEF400mmF5.6L USMとニコンのAF-S 300mm f/4E PFにテレコンを入れて撮影した画像では、EF400mmF5.6Lの方が解像度が高い気がしたので、カワセミをモデルに比較してみたところ、やはりEF400mmF5.6Lの方が解像度が高いようです。その比較内容を画像で紹介します。
野鳥

[マウントアダプター]キヤノンレンズを富士Xシリーズで使う。

発色の良さには定評のある富士フィルム「Xシリーズ」ですが、野鳥撮影に使えるレンズのラインアップが寂しく、サードパーティのレンズもラインナップされていないのが現状です。そこで登場するのか電子接点付きのマウントアダプターです。今回は、その使用感や描写などをレビューします。
タイトルとURLをコピーしました